波止場 映画 マーロン・ブランド主演

こんにちは。
よしおです。

大学生の頃は、ビデオもなく、ロードショーは高いので名画座によく行きました。
よく行ったのが早稲田松竹、飯田橋のギンレイや佳作座、神楽坂にもあったように思います。

ただ最近早稲田に行ったとき、早稲田松竹がまだ現役で頑張っているを観て感動しました。

まだ佳作座は、もう30年ほど前に閉館したようですが,ギンレイホールが現役です。

スポンサーリンク

映画『波止場』主演 マーロン・ブランド

さて早稲田松竹で何度か観た映画で印象に残っているのが、マーロン・ブランド主演の『波止場』です。

マーロン・ブランドは、ボクサーくずれのチンピラの役を好演しています。

僕が初めてマーロン・ブランドを映画で観たのは、70年代の名作『ゴッド・ファーザー』。
この波止場は、1954年の作品なのでマーロン・ブランドも20代の終わりごろの作品です。

腫れぼったい瞼に哀しそうなまなざし、もごもごしゃべる口調、そして逞しい体躯でボクサーくずれのチンピラの役を好演しています。

マーロン・ブランドは1924年生まれで、ジェームズ・ディーンよりも7歳年上ですが、ジェームズ・ディーンの少し拗ねて甘えたような雰囲気に比べ、もっと悲しみを湛えた凄みが感じられて好きでした。

だから僕は、マーロン・ブランドの作品というとまずこの『波止場』を思い出します。

映画は、悪徳ボスに支配されるニューヨークの沖仲士(港湾労働者)の実態を描いた力作です。

『波止場』(1954年)

『波止場』(1954年)

白黒でセミドキュメンタリータッチの映像が、迫力と緊張感あふれるものでした。

マーロン・ブランド演じるチンピラのテリーは、波止場のボスの命令で兄チャーリーが男を殺す現場を目撃する。

テリーは、殺された男の妹イディの悲しむ姿に心が痛み、神父に真相を話します。

全篇、暗く深刻なムードが続きますが、屋上の鳩小屋でテリーとイディが心をさらけ出して語り合うシーンが印象的でした。

マーロン・ブランドのモゴモゴ話すのがドキュメンタリ的で、この映画でアカデミー主演男優賞を獲得しました。

まずは31日間無料トライアルを

————————————————————————
本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました