ホームレス中学生 配信

映画 名作

こんにちは、
よしおです。

お笑いコンビ「麒麟」の田村さんが自分の実体験を記した本が原作となっている映画です。

田村さんが中学生のときに一家離散してホームレス生活を送ることになるというお話です。

実際に中学生がその立場に置かれたらどうするのか、中学生がホームレスになってしまったらどうなるのか。

実際にあった話ということで自分の今を考えるのにいい画だと思います。
深刻な様子ばかりではなく、芸人らしく大変な状況をコミカルに乗り越えていく姿が頼もしく感じます。

スポンサーリンク

ホームレス中学生について

自分が同じようにホームレスの立場にならないとは決していいきれません。

いつ何があるかわからない、自分かもしれないし、友達かもしれない、という目線で見てみると映画の見方も変わってくると思います。

『ホームレス中学生』(2008年)

『ホームレス中学生』(2008年)

人気お笑いコンビ「麒麟」の田村裕による自叙伝を映画化した感動ドラマ

見どころ
主演の田村裕役を演じる人気若手俳優・小池徹平をはじめ、イッセー尾形、西野亮廣らバラエティに富んだキャストが出演。大笑いして、ホロリと泣ける心温まる物語。

ストーリー
大阪のベッドタウン。田村裕は夏休みを前にふざけてばかり。学校から帰宅すると、玄関の前に“差し押さえ”と書かれたテープが貼られた家具が…。やがて自転車に乗って登場した父が「これからはおのおの頑張って生きてください。解散!」と言って去る。

2008年に公開された映画では、主役の田村さんの役を小池徹平さんが演じています。
兄役に西野亮廣さん、姉役に池脇千鶴さん、母親役に古手川祐子さん、父親役にイッセー尾形さんと豪華俳優陣が家族を演じています。

スポンサーリンク

ホームレス中学生 あらすじ

ある日家に帰ると、借金のかたに家を差し押さえられてしまっていました。

父親は「解散」と一言告げて蒸発してしまい、残された3人の兄弟は、分かれて生活することになりました。

中学生が一人で家を借りられるわけもなく、公園でホームレスとして生活することになります。

自動販売機の下に落ちている小銭をかき集め、家は公園、シャワーは雨、雑草や段ボールを食べて生き延びていきます。
ハトにあげているパンを見知らぬおじさんにわけてもらったこともあります。

困っていた時、中学校時代の友達や、地域の民生委員さん、ご近所の人たちの協力もあり、空き家を借りることができます。
そこで兄と姉と3人で暮らすことができるようになります。
田村さんは、幼いころに母親を亡くしています。

病気で入院している母を励ますために笑わせてあげようと一生懸命明るく振舞っていた田村少年。
そうした心の寂しさや、姉との喧嘩などから学校も休みがちになっていきます。

スポンサーリンク

まとめ

このような状況に自分が置かれたら、自分がその友達の立場だったらどこまで手を差し伸べることができるのか。

家族とは、兄弟とは、社会とは、友達とは、生きるとは、様々なことを考えさせられる映画だと思います。

まずは31日間の無料トライアルを

————————————————————————
本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました