映画 名作

映画 名作

用心棒 動画 迫力のアクションシーン

黒澤明監督の『用心棒』を観ました。全編に流れる殺伐とした乾いた空気。これってなんだろう。湿っぽくないのだ。棺桶をつくる木づちの音まで乾いた軽さが伴う。最初の方で、主人公の桑畑三十郎(三船敏郎)が、道端の枯れ枝を投げて、行先を決めている。そしてたどり着いたのが、砂埃舞う荒廃した宿場町。
映画 名作

アーティスト 映画

『アーティスト』は、かつてのスターと新進女優の恋の行方をモノクロ&サイレントで描いたラブストーリーです。 トーキー映画へ移行する時期のハリウッドの内幕を交えて、主人公ふたりのラブストーリーが映画愛たっぷりに描かれるいるとことが見どころ。モノクロ&サイレントのスタイルも異色ながら魅力的です。
映画 名作

ホームレス中学生 配信

お笑いコンビ「麒麟」の田村さんが自分の実体験を記した本が原作となっている映画です。 田村さんが中学生のときに一家離散してホームレス生活を送ることになるというお話です。 実際に中学生がその立場に置かれたらどうするのか、中学生がホームレスになってしまったらどうなるのか。
映画 名作

フィールド・オブ・ドリームス 動画

信じれば、奇蹟は起こる。「声」に導かれて野球場を作った男の感動ファンタジー作品です。「それを作れば彼はやってくる」という不思議な声を聞いたレイ(ケヴィン・コスナー)は、自らのトウモロコシ畑を切り開き、周囲に変人扱いされながらも野球場を作る。
映画 名作

E.T. 動画 SFファンタジーの傑作

映画「E.T.」は、宇宙から地球へやってきたE.T.と主人公の少年との友情の物語です。珍しい宇宙人としてたくさんの大人たちがE.T.を捕まえようとします。そんな人たちからE.T.を守ろうと奮闘する少年。果たして無事にE.T.を宇宙へ帰すことはできるのでしょうか。
映画 名作

『さびしんぼう』動画 大林宣彦監督

『さびしんぼう』は、『転校生』『時をかける少女』に続く、大林宣彦監督の“尾道3部作”第3作。見どころは、監督の故郷・尾道を舞台に、思春期特有のときめきやロマンチシズムを描いた作品で、黒澤明監督も絶賛。富田靖子が1人2役に挑み、みずみずしい演技を披露していて、その儚さにおもわず抱きしめたく。
映画 名作

『ジュラシック・パーク』 動画 スピルバーグ

映画『ジュラシック・パーク』は、恐竜好きの僕にとっては忘れられない映画です。公開が、1993年。この年の1月に僕は結婚しました。そして僕は、身重の妻を連れて2回劇場に足を運び、しかも2回目の時は、帰宅後、妻が破水してそのまま産婦人科で出産となったのです。
映画 名作

『燃えよドラゴン』 ブルース・リー 動画

1973年に公開されて『燃えよドラゴン』のブルース・リーを観て興奮しなかった高校生はいなかったでしょう。 学校の休み時間などにブルース・リーの演技を真似するヤツが必ずどこの学校にもいたはずです。ただブルース・リーの鋭い突きや蹴りは真似できないので、構えやステップなどを真似した記憶があります。
映画 名作

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』動画

バック・トゥ・ザ・フューチャー1985年製作・アメリカ製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ監督・脚本:ロバート・ゼメキス出演:マイケル・J・フォックス、クリストフ・ロイドスーパーカー仕様のタイムマシンを発明した変わり者科学者と高校生が、時空を超えて大活躍するタイム・トラベル映画の傑作
映画 名作

ゴジラの逆襲 動画 シリーズ化へ

ゴジラ映画は、最初からコンスタントにシリーズを重ねていたわけではありません。1954年11月公開の第1作『ゴジラ』の原作者・香山滋が書き上げた続編が『ゴジラの逆襲』です。この時点で『原作・ゴジラ』は完結していました。ゴジラ映画を正しく言えば、1、2作目が原作の正・続編です。
タイトルとURLをコピーしました