映画 おすすめ 洋画

映画 おすすめ 洋画

エデンの東 映画 ジェームズ・ディーンと水谷豊

新人俳優、ジェームズ・ディーンを一躍スクリーンのスターに押し上げた傑作ドラマスタインベックの大河小説を名匠・カザンが映画化。際立つ人物描写、濃密なシナリオ、脳裏に刻まれる主題曲と非の打ちどころがないが、やはりJ・ディーンは傑出した存在。
映画 おすすめ 洋画

101匹わんちゃん 初めて観た映画

誘拐された子犬たちを助け出せ!犬たちの愛と友情を描いたディズニーの名作です。101匹にも及ぶダルメシアンを始め、動物たちの躍動感あふれるアクションはディズニーアニメーションの真骨頂。人気キャラクター、クルエラの悪役ぶりにも注目されました。
映画 おすすめ 洋画

風と共に去りぬ 映画

ヴィヴィアン・リーが演じる、スカーレットを軸に、粗野で悪ぶった、いまだとちょい悪オヤジのレット・バトラー(クラーク・ゲーブル)、スカーレットが慕うアシュレー・ウィルクス(レスリー・ハワード)、スカーレットの従妹でアシュレーと結婚するメラニー(オリヴィア・デ・ハヴィランド)たちの物語です。
映画 おすすめ 洋画

明日に向かって撃て 映画 青春の思い出

映画『明日に向けった撃て』は、僕の青春時代の思い出の映画です。ジョージ・ロイ・ヒル監督が実在のアウトローたちの悲痛な青春を感傷的にならずに、さらりと爽やかに描いた名作です。アメリカン・ニューシネマを代表する現代感覚の西部劇です。
映画 おすすめ 洋画

禁じられた遊び 永遠の反戦映画

ナルシソ・イエペスのギターが全篇に流れる映画「禁じられた遊び」。1940年代のフランスの田舎の家族を淡々と描いた映画です。戦争で傷つくのは、いつも純真な子供たちの心。世界中が涙した、反戦映画の名作です。「太陽がいっぱい」のルネ・クレマン監督が、戦争の空しさを訴えた物語です。
映画 おすすめ 洋画

ローマの休日 映画 オードリー・ヘップバーン主演

オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』が、日本で公開されたのが1954年4月27日のことでした。この映画は、前年1953年のアカデミー賞で、オードリー・ヘプバーンの主演女優賞以下、3賞を受賞しました。
映画 おすすめ 洋画

波止場 映画 マーロン・ブランド主演

腫れぼったい瞼に哀しそうなまなざし、もごもごしゃべる口調、そして逞しい体躯でボクサーくずれのチンピラの役を好演。マーロン・ブランドは1924年生まれで、ジェームズ・ディーンよりも7歳年上ですが、ジェームズ・ディーンの少し拗ねて甘えたような雰囲気に比べ、もっと悲しみを湛えた凄みが感じられた。
タイトルとURLをコピーしました