映画 おすすめ 洋画

チャップリン ライムライト

チャップリンの本格メロドラマです。落ち目の老芸人カルヴェロは、踊れなくなったバレリーナのテリーが自殺しようとしたところを助ける。 ふたりの心は通い合い、テリーは人気もとなりました。しかし、カルヴェロは姿を消します。テリーはカルヴェロを捜し出し、引退公演を勧めます。
映画 おすすめ 洋画

雨に唄えば 動画

こんにちは。 よしおです。 1952年製作アメリカ映画 監督ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン 出演ジーン・ケリー、デビー・レイノルズ、シド・チャリシー、ドナルド・オコナー サイレントからトーキーへの転換期を題材にした、ミュ...
映画 おすすめ 特撮

海街diary 動画

以前から観たいと思っていた『海街diary』を観ました。なんでいま観たのか。今度、是枝監督がフランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴ主演で撮った映画『真実』が10月11日に公開されます。それを観に行こうと思うのですが、そう言えば是枝監督の映画って観ていないなと思い一つずつ観て行こうと思ったのです。いい映画でした。
映画 おすすめ 洋画

第三の男 動画

舞台は、第二次大戦の直後、米英仏ソの共同占領下にあるウィーン。 アメリカの大衆作家マーティンス(ジョゼフ・コットン)が、旧友ハリー・ライム(オーソン・ウェルズ)の招きに応じてやってきたが、ハリーは車に轢かれ埋葬式が行われている。
映画 おすすめ 邦画

家族を想うとき 動画配信

町山智浩氏曰く、地獄のような映画、だそうです。日本では、2019年12月13日公開です。この映画は観ないといけないと思います。原題は「Sorry We Missed You」で、直訳は、残念ながらご不在でした、という宅配業者が、相手が不在の時に伝えるメッセージです。
映画 おすすめ 洋画

終着駅 動画

ローマを舞台に、米国人女性とイタリア人青年の悲恋、駅に集う人々のドラマを綴った映画です。 ジェニファー・ジョーンズの人妻の色気に悩殺された映画です。 製作当時彼女は30代前半。女性として魅力が出てきた年齢ですが、その表情で言葉より多くの物を語っています。
映画 おすすめ 洋画

マリア・シェル 居酒屋

こんにちは。 よしおです。 1956年製作・フランス 監督ルネ・クレマン 原作エミール・ゾラ 出演マリア・シェル、フランソワ・ペリエ、アルマン・メストラル フロレル 僕は原作を読みました。 1850年代のパリ。 ...
映画 おすすめ 洋画

シェーン 動画

オープニングは、シェーン(アラン・ラッド)がゆっくりと馬を歩ませ、緑したたるワイオミングの山の斜面を降りていくシーンです。シェーンは、開拓農民夫婦(ヴァン・ヘフリン、ジーン・アーサー)の家で世話になるが、気の荒い牧畜業者が、追い立てています。しかも殺し屋まで雇って圧力を掛け、命まで奪おうとしてきます。
映画 おすすめ 洋画

麗しのサブリナ 動画

有名な舞台劇を映画化した作品。富豪のお抱え運転手の娘が体験する現代版シンデレラ物語。前年53年に「ローマの休日」で人気爆発のオードリーのロマンティック・コメディー第2弾。彼女はこの映画で、ハンフリー・ボガード、ウィリアム・ホールデンという大御所相手に思う存分チャーミングな魅力を振りまいています。
映画 おすすめ 洋画

エデンの東 映画 ジェームズ・ディーンと水谷豊

新人俳優、ジェームズ・ディーンを一躍スクリーンのスターに押し上げた傑作ドラマスタインベックの大河小説を名匠・カザンが映画化。際立つ人物描写、濃密なシナリオ、脳裏に刻まれる主題曲と非の打ちどころがないが、やはりJ・ディーンは傑出した存在。
タイトルとURLをコピーしました