映画 おすすめ 特撮

夕陽のガンマン 映画 クリント・イーストウッド

叔父は映画音楽好きで、色々聴かせてくれました。 その中で特にカッコ良かったのが、「夕陽のガンマン」です。 ジャケットに映っていた、クリント・イースドウッドがまたカッコ良かった。 髭面に、カーボーイハットを被り、葉巻を口の端にくわえ、眩しそうに目を細めている表情はめっちゃカッコ良かった。
映画 おすすめ 洋画

明日に向かって撃て 映画 青春の思い出

映画『明日に向けった撃て』は、僕の青春時代の思い出の映画です。ジョージ・ロイ・ヒル監督が実在のアウトローたちの悲痛な青春を感傷的にならずに、さらりと爽やかに描いた名作です。アメリカン・ニューシネマを代表する現代感覚の西部劇です。
映画 おすすめ 特撮

マッドマックス バイクの走りが変わった

僕は、働きながら大学に通っていました。1980年は、僕は既に大学4年生になっていたが、オートバイばかり乗っていて、そこが高じて、オートバイで現行輸送のアルバイトをしていました。当時は、メールもファックスもない時代。
映画 おすすめ 洋画

禁じられた遊び 永遠の反戦映画

ナルシソ・イエペスのギターが全篇に流れる映画「禁じられた遊び」。1940年代のフランスの田舎の家族を淡々と描いた映画です。戦争で傷つくのは、いつも純真な子供たちの心。世界中が涙した、反戦映画の名作です。「太陽がいっぱい」のルネ・クレマン監督が、戦争の空しさを訴えた物語です。
映画 おすすめ 洋画

ローマの休日 映画 オードリー・ヘップバーン主演

オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』が、日本で公開されたのが1954年4月27日のことでした。この映画は、前年1953年のアカデミー賞で、オードリー・ヘプバーンの主演女優賞以下、3賞を受賞しました。
映画 おすすめ 洋画

波止場 映画 マーロン・ブランド主演

腫れぼったい瞼に哀しそうなまなざし、もごもごしゃべる口調、そして逞しい体躯でボクサーくずれのチンピラの役を好演。マーロン・ブランドは1924年生まれで、ジェームズ・ディーンよりも7歳年上ですが、ジェームズ・ディーンの少し拗ねて甘えたような雰囲気に比べ、もっと悲しみを湛えた凄みが感じられた。
映画 おすすめ 特撮

ゴジラ 映画 1954年 初代ゴジラ登場

僕が小学生の頃は鉄腕アトム、鉄人28号、マグマ大使、そしてウルトラマンと怪獣やモンスターと闘う正義の味方という構図が出来ていました。だからこの『ゴジラ』もその類なのかと最初感じました。しかし、何かが違うのです。もっと奥深い恐怖を感じさせるものでした。
映画 おすすめ 邦画

ペットと健康

こんにちは、よしおです。 先日、ラジオ番組の健康コーナーで現役の医師が、ペットを飼うと血圧を下げてコレストロールも効果があると言っていました。 これは、その医師の個人的な意見ではなく、ちゃんと統計で証明されているそうです。 さ...
映画 おすすめ 上映中

血圧計 おすすめ

こんにちは、よしおです。 ある報道番組によると、血圧の正常基準が厳しくなって、いままでは、上140以下、下90以下とされていましたが、 一気に上130以下、下85以下になるそうです。 これにより、日本国民の2000万人から30...
タイトルとURLをコピーしました