黒澤明

映画 おすすめ 邦画

酔いどれ天使 動画

こんにちわ、 よしおです。 この映画は、太平洋戦争敗戦直後の東京。 その東京のある闇市が舞台です。 荒廃した世の中が、池から湧き出るメタンガスの泡が象徴しています。 一方、闇市の活気と主人公の町医者(志村喬)が助け...
映画 おすすめ 洋画

黒澤明 生きる 動画

黒澤明監督の傑作『生きる』を動画配信サービスU-NEXTで観ました。30代の頃一度観て、約30年ぶりに観ました。映画などで若い頃と違って年を重ねたことで違う印象を受けることあります。そして、映画『生きる』も30才のころ観た印象と違い、違う感銘を受けました。もっとストレートに言えば、身につまされたのです。
映画 おすすめ 洋画

用心棒 動画 迫力のアクションシーン

黒澤明監督の『用心棒』を観ました。全編に流れる殺伐とした乾いた空気。これってなんだろう。湿っぽくないのだ。棺桶をつくる木づちの音まで乾いた軽さが伴う。最初の方で、主人公の桑畑三十郎(三船敏郎)が、道端の枯れ枝を投げて、行先を決めている。そしてたどり着いたのが、砂埃舞う荒廃した宿場町。
タイトルとURLをコピーしました