映画 おすすめ 洋画

映画 おすすめ 洋画

オケ老人 年取るのも悪くない

こんにちは、 よしおです。 ポンコツ・オーケストラが、あるきっかけで成長していく物語。 そのポンコツオーケストラのメンバーが、老人ばかりというのが、現代の世相を反映しているのだろうか。 でも、映画の中で、いくつになっても夢や...
映画 おすすめ 洋画

スターウォーズ エピソード4 映画

こんにちわ、 よしおです。 スター・ウォーズの第1作が公開されたのが、1977年。 僕は、大学1年生で20歳でした。 まず、何と言っても驚いたのが、その特撮技術でした。 映画開始早々のジョン・ウィリアムズの有名なテ...
映画 おすすめ 洋画

黒澤明 生きる 動画

黒澤明監督の傑作『生きる』を動画配信サービスU-NEXTで観ました。30代の頃一度観て、約30年ぶりに観ました。映画などで若い頃と違って年を重ねたことで違う印象を受けることあります。そして、映画『生きる』も30才のころ観た印象と違い、違う感銘を受けました。もっとストレートに言えば、身につまされたのです。
映画 おすすめ 洋画

禁じられた遊び 映画

動画配信サービスU-NEXTで、映画「禁じられた遊び」を観ました。かなり前に観た記憶があります。両親と愛犬が、ドイツ軍の一掃射撃で亡くなった場面からもうダメです。次に場面で通りかかったおばさんにもう死んだんだから捨てなさいと川に放り投げれます。でもポーレットは、それを追って犬の死骸を取り戻します。
映画 おすすめ 洋画

グッバイガール 動画

僕は、大学2年生。下宿の2年先輩が、アメリカに行こうと言い出した。そこで、一緒にアルバイトしてお金を貯めて夏休みにアメリカに行くことにしました。そして多分7月の後半に、当時まだ出来たばかりの成田空港から、サンフランシスコに向かいました。
映画 おすすめ 洋画

地球最大の決戦 ゴジラ

こんな僕も子供の頃からずっと映画を観てきたわけではありません。僕のゴジラ好きに火が付いたのは、実は正統派ゴジラファンからは疎んじられている『GODZILLA』(1998年ハリウッド版)からなのです。それもツタヤで借りたビデオを借りて観てからです。
映画 おすすめ 洋画

アバウト・シュミット 映画

定年をテーマにした映画ジャンルがあるのかどうかわかりませんが、 名優ジャック・ニコルソンが主演の『アバウト・シュミット』は、アメリカ人の定年後を描いた映画です。映画は、山積みの段ボールとテーブルと椅子だけの一室。そこにポツンと座る主人公シュミット氏。
映画 おすすめ 洋画

用心棒 動画 迫力のアクションシーン

黒澤明監督の『用心棒』を観ました。全編に流れる殺伐とした乾いた空気。これってなんだろう。湿っぽくないのだ。棺桶をつくる木づちの音まで乾いた軽さが伴う。最初の方で、主人公の桑畑三十郎(三船敏郎)が、道端の枯れ枝を投げて、行先を決めている。そしてたどり着いたのが、砂埃舞う荒廃した宿場町。
映画 おすすめ 洋画

アーティスト 映画

『アーティスト』は、かつてのスターと新進女優の恋の行方をモノクロ&サイレントで描いたラブストーリーです。 トーキー映画へ移行する時期のハリウッドの内幕を交えて、主人公ふたりのラブストーリーが映画愛たっぷりに描かれるいるとことが見どころ。モノクロ&サイレントのスタイルも異色ながら魅力的です。
映画 おすすめ 洋画

ホームレス中学生 配信

お笑いコンビ「麒麟」の田村さんが自分の実体験を記した本が原作となっている映画です。 田村さんが中学生のときに一家離散してホームレス生活を送ることになるというお話です。 実際に中学生がその立場に置かれたらどうするのか、中学生がホームレスになってしまったらどうなるのか。
タイトルとURLをコピーしました