酔いどれ天使 動画

映画 おすすめ 邦画

こんにちわ、
よしおです。

この映画は、太平洋戦争敗戦直後の東京。

その東京のある闇市が舞台です。

荒廃した世の中が、池から湧き出るメタンガスの泡が象徴しています。

一方、闇市の活気と主人公の町医者(志村喬)が助けようとする、若いヤクザ松永(三船敏郎)のやけくそ的な生き方が対比しています。

登場してくる人たちには、夢はなく、日々を生きるのに精いっぱいで、僅かにそこに淡い希望を持ちながら、生きています。

その中で、唯一の救いが、久我美子演じる、セーラー服の17歳。

当時は、17歳でもしっかり大人と見られていたようで、夢を持ちながら、地に足を付けて生きている姿が、初々しさを醸し出していました。

腕はいいがアル中の町医者役の志村喬は、のちの七人の侍での、包容力のあるよりもより尖った役で、なかなか言うことをきかない松永に腹を立て、何度もものを投げつけている。

志村さんは、左利きなんだなぁ、と観ていました。

もう70年前の映画。

生きることに投げやりでもあり、貪欲でもあった人々のしたたかさ、逞しさ、儚さを痛烈に感じさせた映画です。

ぜひ、観てください。

『酔いどれ天使』黒澤明 1948年

『酔いどれ天使』黒澤明 1948年

戦後の闇市を舞台に、飲んべえの医者と肺病病みの若いヤクザの交流を描いた人間ドラマ。三船敏郎の黒澤映画初出演作であると共に、志村喬の黒澤映画初主演作でもある。

————————————————————————
本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました