韓流ドラマ 時代劇 動画 おすすめ5選

映画 新作

こんにちは、
よしおです。

韓流ドラマは、以前に比べると地上波放送が減り
勢いを失ったようにも見えますが、韓流好きユーザーが減った訳ではありません。

実は動画配信サービスでの視聴数や、新規獲得も上位で
若い女性を中心に、盛り上がりを見せているジャンルです。

ラブロマンス同様、時代劇も人気のアイテムです。

スポンサーリンク

韓流ドラマ ★時代劇編★

1『麗<レイ>-花萌ゆる8人の皇子たち-』(2016年)

『麗<レイ>-花萌ゆる8人の皇子たち-』(2016年)

『麗<レイ>-花萌ゆる8人の皇子たち-』(2016年)

*独占見放題

胸キュン度100%!タイムスリップしたヒロインの皇宮ライフを描いたイケメン時代劇

見どころ
「夜を歩く士〈ソンビ〉」のイ・ジュンギほか、個性的な8人の皇子と繰り広げる恋の駆け引きにドキドキが止まらない。総製作費150億ウォンの豪華絢爛な映像美にも注目。

ストーリー
湖に落ちた子供を助けようとして溺れた化粧品販売員、コ・ハジン。目を覚ました彼女は高麗時代にタイムスリップしており、ヘ・スという少女の体になっていた。高麗の初代皇帝、ワン・ゴンの宮廷で暮らすことになった彼女は、美しい8人の皇子と出会う。

2『雲が描いた月明り』(2016年)

『雲が描いた月明り』(2016年)

『雲が描いた月明り』(2016年)

*独占見放題

ツンデレ皇太子と男装ヒロインが繰り広げるシンデレラ・ラブコメディ

見どころ
イケメンスター、パク・ボゴムと、名子役として活躍したキム・ユジョンが織り成す禁断の恋物語に胸キュン必至。B1A4のジニョン、若手俳優クァク・ドンヨンらが共演。

ストーリー
恋愛相談家として生計を立てる男装の少女・サムノムことラオン。ある日彼女は、代筆を頼まれて恋文を送った相手と会うことになるが、現れたのは一国の世子であるヨンだった。そうとも知らず、ラオンはヨンを落とし穴に置き去りにしてしまい…。

スポンサーリンク

3『花郎<ファラン>』(2017年)

『花郎<ファラン>』(2017年)

『花郎<ファラン>』(2017年)

新羅時代のイケメンエリート男子の姿を描いた青春本格時代劇

見どころ
パク・ソジュン、ミンホらイケメンたちが男の友情を築いていく姿に胸キュン。さらに、三角関係を描いたロマンスや剣術アクションなど、見逃せないシーンが満載だ。

ストーリー
親友・マクムンを何者かに殺されたムミョンは、マクムンの父から息子を殺した者の正体を明らかにして欲しいと懇願される。頼みを引き受けたムミョンはマクムンの本名・ソヌの身分証を受け取り、ソヌとして青年組織・花郎で訓練を受けながら犯人を探っていく。
ここがポイント!
パク・ソジュン、パク・ヒョンシク、SHINeeのミンホら豪華キャスティングのほか、本作で演技に初挑戦した防弾少年団のメンバー・Vの好演が話題に。

4『七日の王妃』(2017年)

『七日の王妃』(2017年)

『七日の王妃』(2017年)
*独占見放題

パク・ミニョン、ヨン・ウジン、イ・ドンゴン共演の王宮ロマンス大作

見どころ
正反対の兄弟に愛される甘くトキメキいっぱいのプリンセス・ラブロマンスにワクワク。そして、運命の流れに巻き込まれながらもそれぞれの愛を貫く姿に心打たれる。

ストーリー
良家のひとり娘・チェギョンは、ある日、王子の身分を隠して街に出ていた少年・ヨクと出会い、互いに惹かれていく。ヨクは、兄の燕山君に代わり王となることを望まれていた。やがて、燕山君もチェギョンと出会い、自分を恐れない彼女の明るさに惹かれる。
ここがポイント!
イ・ドンゴンは本作で、2017年KBS演技大賞優秀賞を受賞。

5『太陽を抱く月』(2012年)

『太陽を抱く月』(2012年)

『太陽を抱く月』(2012年)

現在NHK BSプレミアムにて再放送中!

最高視聴率46.1%を記録!!架空の王と巫女の恋を描いたロマンス時代劇

見どころ
王と巫女の身分違いの恋と、宮廷に渦巻く陰謀をからめた斬新かつ神秘的なストーリーにぐいぐい引き込まれる。異母兄弟役のキム・スヒョンとチョン・イルの美男対決も!!

ストーリー
世子のイ・フォンと弘文館大堤学の娘・ヨヌが恋に落ちる。またフォンの異母兄・ヤンミョン君もヨヌに想いを寄せていた。ヨヌはフォンの世子嬪に選ばれるが、黒魔術をかけられて病死。8年後、ヨヌに似た巫女と出会ったフォンは戸惑いを隠せずにいた。

まずは31日間無料トライアル

————————————————————————
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました