ジュラシックワールド ドミニオン

映画 おすすめ 邦画

こんにちは、
ともやんです。

個人的には、とてもやきもきしていました。

それは、ジュラシックワールドの最新作として撮影が開始されたものの、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中断していました。

「ジュラシック・ワールド」シリーズの第3弾『ジュラシック・ワールド ドミニオン』の撮影は、2月25日にイギリスにあるパインウッド・スタジオでクランクインしたものの、感染拡大を受けて、3月13日から中断されていたのです。

中断期間は、リモートワークで製作を進行されていましたが、このほど再開されることが決まったと米「Variety」などが報じていました。

スポンサーリンク

ジュラシックワールド ドミニオン 撮影再開

報道によりますと、主人公オーウェン・グレイディ役のクリス・プラットと、エリー・サトラー役のブライス・ダラス・ハワードは近日中にロンドンに入国する予定です。

政府の方針により2週間の自己隔離が必要になるため、実際に撮影に参加するのは7月6日を予定しています。

今シリーズは、マイケル・クライトンによる小説『ジュラシック・パーク』を原作として、1993年にスティーヴン・スピルバーグ監督が実写化。

1997年に2作目『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』、
2001年に3作目『ジュラシック・パークIII』(01)が製作され大ヒットを記録しました。

そして2015年に新3部作の第1弾『ジュラシック・ワールド』として復活したのです。
そして一昨年2018年には『ジュラシック・ワールド 炎の王国』が公開され、3作目となる『ジュラシック・ワールド ドミニオン』が、来年2021年6月11日全米公開予定で製作に入っていました

当然、僕は全て劇場でも観てビデオやDVD、そして現在は動画配信サービスを何度も見ています。

原作もマイクル・クライトンの第1作と第2作のロストワールドを読んでいます。

初めて公開された1993年に結婚して第一子を設け、当時30代だった僕も60代になり、三人の子供たちも全員成人し、時代の流れを感じるのと、恐竜の研究もその期間進んで、現在では、恐竜、特に肉食竜には羽毛があったということまで発見されています。

スポンサーリンク

ジュラシックワールド ドミニオン 完結編!?

約3年ぶりとなる最新作の監督を務めるのは、『ジュラシック・ワールド』で監督・脚本を手掛けたコリン・トレヴォロウです。

脚本は、トレヴォロウ監督と『パシフィック・リム:アップライジング』のエミリー・カーマイケルが共に執筆します。

また、今作は新旧作の出演者が共演することでも話題になっています。

『ジュラシック・パーク』からアラン・グラント博士役のサム・ニール、エリー・サトラー役のローラ・ダーンのほか、イアン・マルコム博士役のジェフ・ゴールドブラムという懐かしい役者が復帰します。

それも最初から観ている僕に取っては嬉しいニュースです。

なお、本シリーズは『ジュラシック・ワールド』3部作として製作が進行していましたが、最新作は“完結編”ではないようです。

シリーズを手掛けてきたプロデューサーのフランク・マーシャルは、「3作目は完結編として構想されたのか?」との問いかけに「ノー」と回答しているそうです。

「新しい時代の幕開けです。いまや恐竜たちは大陸に、我々が暮らす中にいる。願わくば、長い間いてもらえればと思っています」と、

シリーズが今後も続いていくことを示唆しています。

また、撮影を再開するにあたり、ユニバーサルは約500万ドルを調達し、ウイルスの感染拡大を防止するために独自の安全規約を策定したことも明らかにしています。

出演者とスタッフの健康を管理する医療施設が設けられるほか、関係者は検査と公衆衛生上のトレーニングを受けることが義務付けられたそうです。

物語の詳細は明かされていませんが、前作で野に放たれた恐竜たちと人間との新たな関係が描かれる予定でとても楽しみです。

ジュラシックパークおよびジュラシックワールドシリーズは、ぜひ動画配信サービスでお楽しみください。

ジュラシックパークの追加ポイントなしで、ジュラシックワールドに関してはポイントが必要となりますが、入会と共に賦与されてポイントで賄えます。

詳しくは以下でご確認ください。

『ジュラシックパーク』(1993年)

『ジュラシックパーク』(1993年)

================

『ロスト ワールド』(1997年)

『ロスト ワールド』(1997年)

================

『ジュラシックパークⅢ』(2001年)

『ジュラシックパークⅢ』(2001年)

================

『ジュラシック・ワールド』(2015年)

『ジュラシック・ワールド』(2015年)

================

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)

あの大惨事から3年。テーマパーク、ジュラシック・ワールドは恐竜たちが暮らす野生の島へと姿を変えていた。しかしある日、島内で火山噴火の予兆が観測される。恐竜たちを救い出すのか、それとも自然に生死をゆだねるのか。人間たちは選択を迫られるが…。

スポンサーリンク

まとめ

ジュラシックパークでは、琥珀に閉じ込められた蚊の体内から恐竜の血液を採取しています。
しかし、僕が楽しく読んでいる、柳田理科雄著『空想科学映画読本』では、これは不思議だとしています。

つまり、血液には赤血球、白血球、血小板などの細胞成分が含まれますが、いずれも寿命が短いのです。人の場合、赤血球の寿命は、100日から120日、白血球は20日から25日。死ねばほどなくDNAもバラバラになってしまいます。

だから恐竜の血球が、琥珀の中で6500万年生き続けるとは思えないということです。

現実は、そうなのかもしれません。でもスピルバーグは空想を映像にしてくれたのです。

まずは31日間無料トライアルを

————————————————————————
本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました