SF恐竜ドラマ・プライミーバル シーズン1

こんにちは、
こめまるです。

こんな面白いSF恐竜ドラマが、2007年当時のイギリスで制作されていたんですね。
BBCが構想4年、総制作費16億円を掛けて壮大なスケールや、最新CGを駆使した圧巻の映像世界を描いています。

NHKもこれくらいやって欲しいな。受信料払ってるんだから。これくらいのドラマをやってくれると受信料も気持ちよく払える。

さて、このドラマシーズン5まであって各シーズン6話から10話あって合計36話。
1日1話ずつ観て1ヵ月は楽しめるかな。

シーズン1の第1話のイントロでいきなりショッピングセンターにモンスターが現われて、ぐっと捕まれます。

これでこのドラマに引き込まれますね。

なお動画の解説にはティラノサウルスを書いてますが、明らかに違います。
直立4つ足歩行で、もっと大古の恐竜型哺乳類と思われます。

そして第2話には、毒蜘蛛。
わぁ、コロナどころじゃないね。

あと

ルーシー・ブラウン、ハンナ・スピアリットという素敵な女優たちが出ているもの嬉しいですね。

『SF恐竜ドラマ・プライミーバル シーズン1』

見どころ
構想4年、総制作費16億円がかけられた壮大なスケールや、最新CGを駆使した映像世界は圧巻。スリリングなストーリー展開も魅力的で、恐竜ファンならずとも必見だ。

ストーリー
ある夜、ショッピングセンターにティラノザウルスが出現。謎の巨大生物を見たとの情報が全国に流れる。古代生物学者・ニック教授の一行は、目撃情報があったディーンの森に向かう。すると彼らの前に、太古の時代と現代を結ぶ「時空の扉」が出現し…。

————————————————————————
本ページの情報は2022年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
————————————————————————

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました