『バック・トゥ・ザ・フューチャー』動画

映画 名作

こんにちは、
よしおです。

現在、新型コロナウィルス禍の下、外出自粛で自宅にいる人が多いと思います。
このブログでは、動画配信サービスでご覧いただける名画をご案内いたします。

少しでも参考になれば幸いです。

さて、新型コロナウィルス感染拡大防止のため外出自粛を強いられている方も多いと思います。そんな時は、動画配信サービスU-NEXTで楽しむことが出来ます。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』も配信中です。

逆に、映画館が営業できないでいます。特にミニシアターが大変な状況です。ミニシアターエイドでは、映画好きの方々に支援を求めています。

スポンサーリンク

バック・トゥ・ザ・フューチャー 製作まで

バック・トゥ・ザ・フューチャー
1985年製作・アメリカ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
監督・脚本:ロバート・ゼメキス
出演:マイケル・J・フォックス、クリストフ・ロイド

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年)
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年)

スーパーカー仕様のタイムマシンを発明した変わり者科学者と高校生が、時空を超えて大活躍するタイム・トラベル・アドベンチャー・シリーズ第1作。

南カリフォルニア大学出身のゼメキスとゲイルのコンビは、『1941』(79年)の脚本でスピルバーグに注目され、その後押しで『抱きしめたい』(78年)を発表しました。(ゼメキス脚本・監督、ゲイル脚本・共同製作)。

この二人が、80年に思いついたのが、過去に時間旅行をした高校生が、自分の両親(になる若者たち)に出会い、あろうことか未来の母親に恋される、という物語でした。

映画化を求めて二人は脚本を持って、各映画会社に持ち込みましたが、たらい回しをされるだけで、どこの映画会社も取り上げてくれませんでした。

そんな中、この脚本に強い興味を持ったのがスピルバーグだったのです。

スポンサーリンク

バック・トゥ・ザ・フューチャー 魅力

スピルバーグに興味を持たれたことで、85年に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は世に出て、大ヒットとなりました。

さらにファンの強い要望により、89年には続編が撮影され、暮れに『PART2』が、90年夏には、『PART3』が公開されたです。

シリーズの魅力はなによりハッピーなこと。

高校生マーティ(マイケル・J・フォックス)と変わり者科学者ドク(クリストフ・ロイド)の繰り広げるドタバタは最高でした。

第1作の場合、85年の高校生マーティが、55年にやってきてさまざまなカルチャー・ショックを受けます。

その逆に、55年の人たちはスポーツカーのデロリアン型タイムマシンを宇宙船と勘違いしたり、高校生ののちの母親は、マーティの下着のブランド、カルバンクラインを少年の名前だと勘違いしたりと爆笑ものでした。

そうしつつも、マーティは両親をなんとか恋仲にしようとあせりまくるのです。そんなドタバタが楽しい。スケボーやロックンロールの“発明”も同様。マーティの演奏するエレキギターを聴いた若者がチャックベリーの連絡するのも楽しいシーンでした。

シリーズは85年を起点に『PART2』では、2015年、別の時間線における85年、再度55年に、『PART3』では、1885年に時間旅行する大冒険となる。ラスト、85年に戻った少年が大きく成長しているのもハッピーなストーリでした。

マイケル・J・フォックス

主人公の高校生マーティ・マクフライを演じたのが、マイケル・J・フォックス。
当初のマーティ役は、『マスク』(85年)のエリック・ストルツでした。

実際ストルツでタイムマシンの実験シーンなどが撮影されたが、作品のトーンに彼が合わないことが判明したので、急遽キャスティングされたのが、テレビ・シリーズ『ファミリー・タイズ』の人気者マイケル・J・フォックス。

彼は日中はテレビ、夕方から朝方まで映画撮影というヘビーなスケジュールの中、見事にマーティ役を演じ、映画での成功も獲得したのです。

フォックスは61年カナダ・アルバータ州生まれ。俳優を志望し、高校を中退してハリウッドにやってきた若者でした。下積み時代を経験後、82年スタートの『ファミリー・タイズ』のアレックス役で頭角を現してこの映画に急遽抜擢されたのです。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』以降、ロマンティック・コメディからシリアス映画までさまざまな役柄に挑戦した。

しかし、90年頃よりパーキンソン病の発症の兆候がみられ、30歳の時に発症。それでも病を隠しながら活動を続けていましたが、周囲からの異変が分かるようになり98年に病気を公表。

その後、パーキンソン病の研究助成活動を始めたり、自らの生い立ちやパーキンソン病との戦いを綴った自伝『ラッキー・マン』を発表するなど、パーキンソン病に対しての理解を広める普及活動を行っています。

現在、57歳で僕より若いですが、病によって活動が制限されたことが残念ですが、振り返って元気な自分は何かの役に立って行きたいと思います。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、U-NEXTでお楽しみいただけます。

————————————————————————
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました