グッバイガール 動画

映画 名作

こんにちは。
よしおです。

1978年、昭和53年。
僕は、大学2年生。下宿の2年先輩が、アメリカに行こうと言い出した。
そこで、一緒にアルバイトしてお金を貯めて夏休みにアメリカに行くことにしました。

そして多分7月の後半に、当時まだ出来たばかりの成田空港から、サンフランシスコに向かいました。

スポンサーリンク

グッバイガールとの出会い

当時は直行便がなく、ホノルル経由。
トランジットと言っても4~5時間時間があったので、市内観光しました。
実は今のところ唯一のハワイ体験。

そしてホノルルからサンフランシスコへ。
その飛行機の中で観た映画が、『グッバイガール』でした。
そう、この映画との出会いは、飛行機の中だったのです。

30代半ばで子持ちの売れないダンサー役のマーシャ・メイスンがとってもチャーミングでした。

当時彼女は、脚本家ニール・サイモンの妻で、公私ともに絶頂期だったようです。その後、離婚し、役者としても元気がなくなったのは残念です。

この映画では、リチャード・ドレイファスが主演男優賞を取りましたが、僕にとってのオスカーは、マーシャ・メイスンでした。

スポンサーリンク

グッバイガール あらすじ

ニール・サイモンが当時の妻マーシャ・メイスンとリチャード・ドレイファスのために書いた脚本をハーバート・ロス監督が映画化した作品です。

30代で子持ちのしかも男運も悪いと来た売れないダンサーポーラとおませな娘ルーシー。
ひょんなことから冴えない役者のエリオットと共同生活を始めることになりました。

何かと対立する二人ですが、いつしかお互いに惹かれ合うようになります。
おしゃまは子役クイン・カミングスが好演。巧妙なせりふの展開、人情の機微をついた演出なのでラブコメの佳作です。

『グッバイガール』(1977年)

『グッバイガール』(1977年)

※現在U-NEXTでは見放題でお楽しみいただけます。まずは31日間無料トライアルをご利用ください。

————————————————————————
本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました